地域から教室を探す

楽器・楽譜・CD・DVD

  • 楽器
  • 楽譜
  • CD・DVD

習い事とショップ

  • カルチャーセンター
  • カフェ&バー
  • ヤマハミュージックメンバー会員登録
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • スタジオ・練習室レンタル
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 鍵盤楽器公正取引協議会
  • 京都サンガバナー

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

  • twitter

イオンモール茨木店/ミュージックサロンイオンモール茨木

  • 大阪府
  • 〒567-0033 大阪府茨木市松ヶ本町8-30 イオンモール茨木3F
  • 072-620-1478
  •  10:00~21:00(当面の間)

お知らせ一覧

▼51~60件を表示/全62件

スタッフが語る キョンセームクロス

JEUGIAスタッフが語る〇〇〇シリーズ

イオンモール茨木店/ミュージックサロンイオンモール茨木

  • スタッフが語る キョンセームクロス(その1)
  • スタッフが語る キョンセームクロス(その2)
  • スタッフが語る キョンセームクロス(その3)
皆さまは楽器用のクロスにどういった物を使っていますか?自分の使っているクロスがどういった物なのか、分かっていないという方も少なくないのではないでしょうか。そういったクロスに、全く興味の無い方にも少し興味を持ってもらえるような、凄いクロスを紹介したいと思います!その名も『キョンセームクロス』キョンという小型のシカの皮をなめして、出来上がったクロスになります。贅沢にも1頭分使用。少し生々しい形をしていますが・・・。キョンセームは、繊維が非常に細かく、汚れを残さず拭き取ってくれるうえ、無数の非常に細かな穴がある為、水分までも全て吸い取ってくれる。更には楽器ケースに入れておくだけで、湿度調整までしてくれるという、至れり尽くせりクロスなのです!!まさにキング・オブ・クロス!!キョンセームクロス自体は他のクロスと比べると少し値が張りますが、そのスペックの高さ故、メンテナンスのためのオイルやポリッシュを必要としないので、結果的にコストパフォーマンスは高くなってくるでしょう。(たぶん)もちろん汚れてきたら洗うことが出来るので、長く使って頂けます。ちなみに私はキョンセームのふわふわした手触りに取りつかれ、毎日意味もなく触ってしまいます♪ちょっと気になったなという方は是非お試しを!!

(イオンモール茨木店スタッフ 猿渡)

スタッフが語る YAMAHAアコースティックギターFG

JEUGIAスタッフが語る〇〇〇シリーズ

イオンモール茨木店/ミュージックサロンイオンモール茨木

  • スタッフが語る YAMAHAアコースティックギターFG(その1)
  • スタッフが語る YAMAHAアコースティックギターFG(その2)
  • スタッフが語る YAMAHAアコースティックギターFG(その3)
こんにちは。島です。YAMAHAアコースティックギターの歴史は長く、クラシックギターに鉄弦を張った「ダイナミックギター」に始まり、1966年にFG-180&FG-150が発売されました。これがYAMAHA初の国産フォークギターの誕生です。現在に至るまで50年以上もの間、その伝統と技術はFG&FS Seriesに受け継がれています。初期のFG-180などはラッカー塗装で鳴りも優れていることから「赤ラベル」と言われ、現在でも非常に人気の高いモデルです。現行モデルではTHE FG・FG-850・FG-830・FG-820等が発売されています。THE FGは日本製ですが、その他の普及モデルのFG&FSは中国製です。皆様の中には中国製?と不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、ところがどっこい!流石はYAMAHAです。
木材の切断は機械を使っておりますが、ブレイシングの接着からフレット打ち、ボディバインディングの取り付け、塗装やバフ研磨まで、人の手で作業されています。単純に機械のみで作られているのではありません!機械を使い効率の良さを追求しながらも丁寧に1本1本作られています。毎月、1,000本以上生産されていますが、品質のムラがなく、安定した高品質のギターを我々に供給してくれます。だからこそ!このFG&FS Seriesは初心者の方やミドルクラスの方にも非常にお薦めできるクオリティなのです!皆さんもアコースティックギターを始めてみませんか!

詳細はこちら>>


ストラトキャスター【スタッフが語る】

JEUGIAスタッフが語る〇〇〇シリーズ

イオンモール茨木店/ミュージックサロンイオンモール茨木

  • ストラトキャスター【スタッフが語る】(その1)
ストラトキャスターといえばフェンダーが誇るエレキギターの超メジャーなモデルです。現在、様々なメーカーから同じデザインのギターが発売されていますが、あくまでコピーモデルです。すなわちストラトキャスターと言えばフェンダーなのです。
1954年にアッシュ材を使用したストラトキャスターが登場しました。1965年にCBS社に買収される以前と以後ではヴィンテージギターとしての評価や価値・人気も変わります。1985年にCBS社が撤退して今に続くフェンダー社が再興されます。 
各年式の特徴として54年製からは丸型ストリングガイド・スパロゴ 56年からは羽根型ストリングガイド 57年はVシェイプネック 59年からスラブ貼りのローズウッドに3プライの11点止めピックガードといった各年式ごとに細かいマイナーチェンジを繰り返してきています。
ストラトユーザーはメイプル指板派やローズ指板派・ラージヘッド派など見た目とサウンドで好みが分かれます。ちなみに私は50年代のメイプル指板派です。ヴィンテージストラトは所有していませんが、憧れのギターです。PRE CBSのヴィンテージのストラトやJohn Englishなど有名な名だたるマスタービルダー製作のユーズドなども価格は高騰しているのが現状です。

詳細はこちら>>


JEUGIAスタッフが語る 『プロレスと音楽』

JEUGIAスタッフが語る〇〇〇シリーズ

イオンモール茨木店/ミュージックサロンイオンモール茨木

  • JEUGIAスタッフが語る 『プロレスと音楽』(その1)
 みなさん、ヤングギターの7月号ご覧になりましたでしょうか?7月号の特集は”プロレススーパーギター列伝”。プロレスと音楽の特集でしたが、小学校1年生の時分、学校からの帰り道、ケイブン社のプロレス大百科を拾って以来、プロレスの虜になった私は興味深く拝読しました。タイトルは梶原一騎先生のプロレススーパースター列伝というマンガを元にしたネーミングも最高です。ご興味がある方はご一読下さい。さて、プロレスと音楽というとやはり入場テーマ曲が一番印象的です。ヒュージョン系の音楽が多い日本人選手に対し、ロック、カントリー系の外人選手というイメージですが、ブルーザーブロディの移民の歌(レッドツェッペリン)、ロードウォーリアーズのアイアンマン(ブラックサバス)など、後にロックを聴くようになってから、これはブロディの入場曲だ、誰の曲だ、とわかるたびに嬉しくなるのですが、入場曲ですので、基本的には聴くとテンションが上がったり、やる気が出たりするものが多いです。
その反面、こんな曲で入場してきてもやる気出んやろ、という曲もあります。(あくまで私の意見です)
1,ドラゴンスープレックス(藤波辰巳)イントロの電子ドラムみたいな音で腰が砕けそうになり、あとはスーパーで流れているほのぼのとしたインストで、全くやる気が起きませんし、全く格好良くありません。

詳細はこちら>>


JEUGIAスタッフが語る 『フェンダームスタング』

JEUGIAスタッフが語る〇〇〇シリーズ

イオンモール茨木店/ミュージックサロンイオンモール茨木

  • JEUGIAスタッフが語る 『フェンダームスタング』(その1)
  • JEUGIAスタッフが語る 『フェンダームスタング』(その2)
今回の猿渡は、突っ込みどころ満載ギター「フェンダームスタング」について語っていきます。「スチューデントモデル」として世に放たれたムスタング。ショートスケールといわれる通常よりも短いネック、愛くるしいほどに小さくて軽いボディは、いつの時代も初心者を虜にしてきました♪…だがしかし!!本当の顔は「スチューデントモデル」とは名ばかりの鬼畜使用。別名「暴れ馬」と呼ばれるほどに扱いにくいギターだったのです。テンションの弱いショートスケールという特徴に加え、拍車をかけるように搭載されたトレモロユニット「ダイナミックビブラート」により、安定したチューニングはもはや望めません。また、9通りの組み合わせが可能なスイッチが搭載されているにもかかわらず、出せるバリエーションは4種類…。更には「アウトオブ・フェイズサウンド」といわれる特殊なサウンドも出せるものですから、まさに初心者には(・_・;)?状態。でもでも、世の中には一定数ムスタング大好きユーザーはいるんですよ。ダメな子ほど可愛いってよく言うじゃないですか?そういう私も、もちろんムスタングユーザーの一人。もう他のギターには浮気できません。一度愛せば手放せない魅惑のギター「ムスタング」是非あなたも試してみませんか?猿渡でした♪

(イオンモール茨木店スタッフ 猿渡 敬太)

スタッフが語る 『JAZZ Ⅲ』

JEUGIAスタッフが語る〇〇〇シリーズ

イオンモール茨木店/ミュージックサロンイオンモール茨木

  • スタッフが語る 『JAZZ Ⅲ』(その1)
皆さんはどんなピックを使ってますか?
多くの愛用者がいるJIM DUNLOP JAZZⅢ。ⅠとⅡではダメなんです、やっぱりⅢじゃなきゃダメなんです!
素材はナイロンです。衣服や繊維製品に使われる磨耗に強い素材でナイロンピックは柔らかいためピッキングの時のアタックが弱く、丸く優しい出音になります。
JAZZⅢといっても種類がいくつかあります。まずは色!赤色と黒色のJAZZⅢがあります。赤の素材は「ナイロン」で、黒は「スティッフォナイロン」と材質に違いがあります。
黒の方が手触りも少し硬く、滑りにくい感じでサウンドも赤より少し硬く感じます。
ピッキングした時の反応が黒の方が赤よりも速く、アタック感も強いです。
逆に赤の方がナイロン素材らしく、サウンドに艶があるような感じです。サイズがティアドロップタイプのXLシリーズや表面に小さな突起をグリッド状につけてグリップを高めたMax-Gripシリーズ、新素材・ULTEXを使ったのもあります。私は一途に浮気せずJAZZⅢの赤XLを使っています。削れにくいので長持ちする所も良しです。

詳細はこちら>>


JEUGIAスタッフが語る 岩手と音楽

JEUGIAスタッフが語る〇〇〇シリーズ

イオンモール茨木店/ミュージックサロンイオンモール茨木

  • JEUGIAスタッフが語る 岩手と音楽 (その1)
 こんにちは。岩手県出身兼平です。今回は帰省したての熱量で岩手と音楽について語ります。岩手の音楽といって、真っ先に思い浮かぶのは、青江三奈の”盛岡ブルース”ですが、私的には歌詞の盛岡感が薄く、今一つグッと来ません。そんなに数多くない岩手を歌った歌の中で、オススメなのが、松任谷由実のアルバム”悲しいほどお天気”に収録されている”緑の町に舞い降りて”です。歌詞の盛岡の捉え方、ペダルスチールを前面に押し出したアレンジ、盛岡の新緑の季節を連想させ、私は聴く度に涙します。岩手県出身の歌手に目を向けると、千昌夫、新沼謙治、藤圭子最近では”南部蝉しぐれ”でおなじみ福田こうへい等多くの演歌歌手を輩出していて、県全体のイメージもそんな感じですが、あんべ光俊やNSPなどのフォーク系のミュージシャン、そして忘れてならない、大瀧詠一と意外と数は少ないながらも色々なジャンルの音楽家を輩出しています。そして、ハードロック、へヴィメタルには欠かせない、音楽評論家の伊藤政則も岩手県出身である事を付け加えておきます。是非皆さんも、ユーミンを聴きながら、岩手を旅してはいかがですか。岩手の良さが”たずね来ればきっとわかるはず”です。

(イオンモール茨木店店長 兼平)

Epiphone Casino【スタッフが語る】

JEUGIAスタッフが語る〇〇〇シリーズ

イオンモール茨木店/ミュージックサロンイオンモール茨木

  • Epiphone Casino【スタッフが語る】(その1)
こんにちは。イオンモール茨木店島です。今回はEpiphone Casinoについて大いに語ります。
Epihone Casinoはビートルズの前3人が愛用したことで、有名になったギターで、それが元になり他の多くのミュージシャンも愛用しています。何を隠そう、私も所有していますが、その魅力は一見せみアコに見えますが、中が完全に空洞なために得られる、独特のホロー(アコースティック)感と、P-90ピックアップとの絶妙なマッチングにあります。特にフロントピックアップを鳴らした時の、ブーミーでウォーミーなサウンドは、決して他のギターでは出すことが出来ないサウンドです。そして何より軽い!大体2kg台なので、年寄りにはとてもありがたいのです。
また、前記したようにフルアコースティック構造なので、家でちょっと弾くときなどは、そのまま生で弾いても、非常に気持ちイイのです。私が所有しているのは、国産のリイシュー物ですが、比較的お求め易い価格帯のモデルもあり、是非1本所有していただければ、ロック、ポップスからジャズまで、どんなジャンルにでも対応できる、便利な1本になる事、請け合いです。
そのサウンドは、ビートルズの後期作品全般や、ポールウェラーの作品などで確認できます。是非1度聴いてみて下さい。

詳細はこちら>>


スタッフが語る スリーフィンガー奏法(ベース)

JEUGIAスタッフが語る〇〇〇シリーズ

イオンモール茨木店/ミュージックサロンイオンモール茨木

  • スタッフが語る スリーフィンガー奏法(ベース)(その1)
  • スタッフが語る スリーフィンガー奏法(ベース)(その2)
ベーシストの皆さま、どれだけ速いフレーズを指弾きで弾けますか?テンポの速い曲ってどんどん疲れて来るし、追い付かなくなってくるし「あぁー、もう1本指があったら…」ってなりますよね。だったら、もう1本足しちゃえばいいじゃないですか!
今回はベースにおけるスリーフィンガー奏法を語っていきたいと思います。
私が、3フィンガーに出会ったのは、友達に冗談で「これやってよ」と観せられたMR.BIGのベーシストBilly Sheehanのソロ動画でした。ギターのフレーズの様に速い指弾きに、開いた口が塞がらなかったと同時に、やってみたいという衝動に駆られました。調べてみると、やり方は超単純。2フィンガーに薬指を足すだけ。薬指⇒中指⇒人差し指の順番で弾いていきます。しかし、これが意外と難しい…。慣れないうちは指の順番が無茶苦茶になってしまったり、音の粒が揃わなかったり…。また、厄介なのが普通の8ビートや16ビートのフレーズを弾いたときに頭の指が変わるんです(1.2.3.4.1.2…と口に出して弾いてみて下さい。1の指が毎回違うでしょ?)コレのせいでアクセントをつけるのが、2フィンガーと比べものにならないくらい難しい…。こんな3フィンガーですが、習得すれば2フィンガーでは不可能な速さも簡単に弾けちゃいます!限界突破出来たみたいで、男なら、皆ロマンを感じるのではないでしょうか。気になった方は早速、練習してみてください。

詳細はこちら>>